和歌山の風俗求人で働く前に知るべきリスク

和歌山の風俗求人で働く前に知るべきリスク

和歌山の風俗で働くということは決して楽しいことばかりではありません。どんな人がお客で現れるかは会うまではわからないので、当然性病のリスクもあります。女の子は定期的に性病検査をし問題なければそのまま働くことができますが、発覚した場合には完治するまで働くことはできません。身体的に辛い上に収入まで減ってしまいますので、そのようなリスクが誰にでもあるということを心得る必要があります。
またソープ以外のお店ではレイプ(本番強要)も日常茶飯事です。通常レイプをされた場合は重い罪として逮捕されるものですが、店側に事情聴取やその他諸々の面倒なことが多いため、基本的に被害にあっても店が警察に届け出ないことがほとんどだそうです。個人的に届け出を出そうとしても大抵はお店に止められるでしょうし、もしそうなればお店で働くことはできなくなるでしょう。他に移ろうとしても店同士がつながっていれば過去の情報は伝わっているでしょうし、もしかしたら採用してもらえないかもしれません(基本的に地方等は人材不足なので断られることはないと思いますが・・・)。
もちろんレイプ行為をした客は今後一切の出入り禁止になります。電話しても「今日はいっぱいです」といって何度電話が来ても断るそうです。お客のブラック情報は電話番号と名前等記載されたリストが風俗店内で回りますので、他の店でも同様に断られることになります。またお店にリピートしてもらいたいお客さんにはいい女の子をつけて、あまり来てほしくないお客さんには評判のよくないお客さんをつける、ということもよく行われています。また逆に店をやめてほしいと考えている女の子には嫌なお客さんをつけたり、といったことが普通に行われています。

時には我慢も必要

お客さんも色々な性格・体型・性癖の人がいます。生理的に受け入れられない人にも当然サービスをしなければなりませんし、強要とまではいかなくても乱暴に扱われたりすることがあります。結局お店だけの付き合いとなれば相手も気にせずやりたいことをやってきます。お客さんの客層は店によって違いますので、「合わないな」「ここの店嫌な客が多い」となれば移籍することをおすすめします。基本的には料金が高くなればなるほど客も富裕層の人が多くなりますし、立地の関係もあります。その街やお店の事前情報を仕入れることができれば、応募する前に必ず見ておくといいでしょう。

注意点

また自分がどれだけのサービスができるか、というのも確認しておきましょう。いきなりソープで本番行為をしてやっぱりダメだったとならないように、まずはガールズバーなどで男性と会話することから始めましょう。お酒が飲めない、初めから性サービスでOKという人でもできればピンサロから始められたらいいと思います。まず業界を知るということも必要ですし、男性と接触になれることから始めて、徐々にデリヘル、ソープと段階を踏んでいければ収入も効率よく得ることができるようになります。中には出合い系サイト等を使って個人で援交をする人もいますが、援交は犯罪行為になりますので注意してください。
多くの人はそんなステップを積んで長く続けている方がいます。もし風俗嬢をやっている友達がいたら相談してみるのもよいでしょう。何も考えずに始めるのは一番危険ですので、一旦は立ち止まって「本当に大丈夫か?」ということを自分に問いかけてみてください。
和歌山風俗求人「シグマガール」はこちら